no title

732: 名無し48さん (ワッチョイ dffd-KMj/) 2018/07/08(日) 09:57:21.18 ID:/13bFPpm0
>>731
《山戸結希 コメント》
「MVを手がけさせていただいた『好きで好きでしょうがない』は、ラストアイドル1期生メンバー全員では初となる表題曲になります。
そのミュージックビデオ撮影において、1期生メンバーオールスターが勢ぞろいして撮影が出来るのは、撮影当日の正午まででした。
限られた時間だからこそ、勢いのある作品を生み出してゆくラストアイドルスタイルの中、私自身も闘いながら、精一杯、撮らさせていただきました。
まるで一瞬の夢のように、凝縮された撮影の時間がまるごと、『好きで好きでしょうがない』という歌に捧げられていることを、願っています。

今作の最大の見所は、MV2番サビからクライマックスまで、2分22秒にわたるワンカットの映像と言えるのではないでしょうか。
フロントを担う間島さん、阿部さん、長月さんの3人のお芝居から、22人全員の力が合わさったダンスシーンへと流れ込んでゆく様子を、途切れずにワンカットで撮影しています。
フィルムカメラを使用した長回しは、リテイクを許さないセッティングでしたが、対峙するラストアイドルの皆さんの集中力は、心から、素晴らしいものでした。

早朝に現場入りしたメンバーの皆さんと、正午の太陽が昇るまでの刹那に、やりきりました。
あの日に駆け抜けながら生まれた、一瞬一瞬の輝きが、このMVに詰まっていたならと祈っています。
たった今、この瞬間を生きている皆さんに、この歌を一緒に走り抜ける疾走感を楽しんでいただけたら、とても幸いです。」

733: 名無し48さん (ワッチョイ dffd-KMj/) 2018/07/08(日) 09:58:52.03 ID:/13bFPpm0
《間島和奏 コメント》
「ラストアイドル3rdシングル「好きで好きでしょうがない」のセンターを務めさせていただいている間島和奏です。
今回のMVでは、各5ユニットをそれぞれ高校に見立てて、みんなで合同社会科見学に参加するという設定です。その受験に際しての関係性と私たちのアイドルとしての仲間であってライバルである関係性が絶妙に重なっている作品になっています。
撮影では、2番の私と阿部菜々実ちゃんのシーンは、好意、憧憬、愛憎、いろんな感情をぶつける気持ちで挑みました。
山戸監督が凄く感情を引き出すのが上手くて、自分でもパワーが溢れるシーンになったと思います。
また、今回の作品はフィルムで長回し撮影で行いました。
長回しは凄く難しかったですが、アナログだからこそ映る私たちの色を見てもらえたらなと思います。
是非ご覧ください。」

737: 名無し48さん (ワッチョイ 5fbd-okRI) 2018/07/08(日) 13:05:59.28 ID:YjqfGGe80
ラストアイドル3rdシングル「好きで好きでしょうがない」

MV の長尺には、驚きました。 秋Pさん、かなり力が入ってたのかな?
なかなかの出来でしたね。

「好きだ!」のリフレインで、メンバーのアップが次々と替わるシーン。
結構、メンバーの表現力の差が露骨に出た感じがしました。
幸い、サムサムは皆顔の表情が良かった!
とりわけ全体を通しての、まじまじのパフォーマンス!
カメラの場数はそんなに踏んでないはずなのに、
改めて、天性のものと言うか、異才ぶりを感じました。 Good Job !

738: 名無し48さん (ワントンキン MM3f-/5CP) 2018/07/08(日) 14:16:34.41 ID:1KAub71AM
好きでしょうがないMV最高!延々と聴いてる

ミニドラマが一期生バトルという実話に基づいたものだから感情移入して泣ける
間島が階段で泣いてるところとかもう、胸が張り裂けそうになった
阿部も長月も良かったけど、やっぱり間島の演技力は凄い
あと間島って、横顔とか斜めから見たら凄い美人だな
横顔ブサイクなアイドルってたくさんいるから逆パターンは面白い

741: 名無し48さん (ワッチョイ dffd-KMj/) 2018/07/08(日) 16:35:14.33 ID:/13bFPpm0
山戸結希@KURAYAMI_TOWN
テレビ朝日番組内で初解禁となったラストアイドル『好きで好きでしょうがない』Music Videoの映像監督を務めさせていただきました。
あの日、正午の太陽が昇るまで、そのわずかな時間を駆け抜けるように撮影しました。戸惑いも生命も憧れも恋も後悔も希望も込めて。

ラストアイドル『好きで好きでしょうがない』MVのクライマックスは、たった一人の少女が立ち上がり、すれ違い、走りながら、
メンバー22人を映すまでを、2分22秒間の「長回し」という手法で、途切れずに追いかけます。フィルムでのワンカット撮影です。

今回、午前中だけでMVを完成させようとなった時、自分自身の集中力も、改めて問われました。
長篇映画を撮る間も、どんな映像作品を撮る時も、目の前の生命に向き合うということは何があっても変わらず、
「よーい、スタート!」の声に呼ばれる限り、立ち上がり、魂が映るまで全力で走ろうと思います。

長回しの始まり、間島さんの涙の粒までもが、生きてお芝居をしているようでした。右の黒目から零れ、満を持して、左の目頭から落ちてゆく、
その涙の粒は真珠みたいに丸くて白く。スマートホンよりも、PCで画質を上げるとその様子も綺麗に視えてきます。間島さんは、泣きながら踊りきっていました。